Makuake_Logo_yoko.png
LP_buhin_アートボード 1.png
main_26090.fit-scale.png
缶_アートボード 1 のコピー.png
detail_26090_16254724652165.png
detail_26090_16251346986279.png

お客様の「こんな商品あったらいいな」を形に。得意の『加工技術』と『真空断熱』技術を使った自社ブランドに向けて『恵乃技』プロジェクトを立ち上げました。今回の『日本酒缶ホルダー』はその第一弾です。

detail_26090_16239165258744.png

今、日本酒派の間では、日本酒の新しい楽しみ方として、一合(180ml)のアルミ缶飲みが熱いです!手軽に持ち運べて、軽く、適量な一合缶。各酒造メーカーから、一合アルミ缶が発売されています。そんな、一合缶愛好者のために、ついに日本酒一合缶専用の保冷保温缶ホルダーが登場です!キリリと冷えた冷酒、人肌程度に温めた燗の温度をキープして、長時間お好きな状態で日本酒を楽しんでいただけます!

detail_26090_16254724635237.jpg

焚き火を囲んでチビチビと、大好きな冷酒を楽しむひと時。飲み口がなめらかなのでタンブラーとしてもお使いいただけます。

detail_26090_16254681739205.jpg

出張帰りの新幹線飲みが楽しみなビジネスマンの皆さん。バックにこっそり忍ばすにはちょうど良い、軽量180mlサイズの缶ホルダーです。

detail_26090_16254681742719.jpg

大好きな映画・ドラマ・スポーツを鑑賞しながらのお酒は最高です!真空断熱なのでテーブルに水滴がつくことも心配いりません。

季節とわず「日本酒はやっぱり”燗”だよな」の方には、保温もバッチリの一合缶ホルダーです。「人肌燗、ぬる燗、熱燗」と、お好みの温度をお楽しみください。アウトドアではお鍋で一合缶を温め、そのまま一合缶ホルダーに入れることが可能です。缶が熱くなっても缶ホルダーに入れてお飲みいただけます。

detail_26090_16254681755646.png
detail_26090_16243342301235.jpg

あらためて、真空断熱ホルダーがどうして長時間、温度をキープできるのか、その構造は?

真空断熱ボトルは、側面の構造が2層になっています。外側と内側の側面の間が真空状態になっており、外に逃げる熱の伝導を遮断しています。また、放射熱による熱の吸収も防ぐ構造になっています。内面を鏡面にし反射させることにより熱を外に逃がさず中へ戻す構造になっています。

detail_26090_16254724657311.png

『恵乃技』は弊社三恵技研工業が70年余りに渡り、真摯に向き合ってきた金属加工技術を結集した商品です。

detail_26090_16239165279485.png
detail_26090_16239164931962.jpg

今回の日本酒一合缶ホルダーは、「ICHI-GO-CAN」プロジェクトとのコラボ企画としてスタートしました。日本の酒造メーカーの未来を創るプロジェクトとして、株式会社Agnaviが発起人となりスタート。日本酒の高品質で少量生産のお酒を世界に広めることを目的としています。一合缶に日本の産業技術を結集し、日本酒の素晴らしさ、技術力を世界へアピールしていきます。

detail_26090_16239165289746.png
缶_アートボード 1 のコピー.png

- 販売元 -

株式会社Agnavi

〒220-0012 神奈川県横浜市西区

みなとみらい3丁目7−1

OCEAN GATE MINATO MIRAI 8F

https://agnavi.co.jp/

- 製造元 -

三恵技研工業株式会社

〒115-8555 東京都北区

赤羽南2-5-1

https://www.sankei-gk.co.jp/